So-net無料ブログ作成

八つ墓村 [テレビドラマ・映画鑑賞]

4作品を比較してみた[カチンコ]
不謹慎と捉えられると、そんなつもりは毛頭無いんだけど、今月起きた山口の連続殺人放火事件で、マスコミが連呼している「平成の八つ墓村」と聞いて「八つ墓村」の事を思い出した。

横溝正史原作の映画「八つ墓村」は、以前このブログで映画に出演しておられた加藤嘉さんと一緒に紹介したが、これを機に改めて数多く作られた「八つ墓村」を特集してみる。
これからレンタルビデオやDVDを借りたりする時の参考になれば良いと思う。

時系列で紹介すると、まず1951年の映画版が最初。
金田一耕助役は片岡千恵蔵さん。

次が1977年に萩原健一さん主演で大ヒットした映画版で、金田一は渥美清さんが演じた。

07.31.01.jpg

次が1978年のテレビドラマ古谷一行さんが金田一の「横溝正史シリーズII 」がある…テレビドラマはこの作品以前に2本制作されている。

07.31.02.jpg

次は1991年テレビドラマの「月曜ドラマスペシャル・八つ墓村 」で金田一は同じく13年後の古谷一行さん。

07.31.03.jpg

その次が1996年横溝映画の代表的監督である市川崑さんの作品で、金田一は豊川悦司さん。

07.31.04.jpg

その他にはテレビドラマで1995年に片岡鶴太郎さんが、2004年に稲垣吾郎さんがテレビドラマで金田一を演じておられるバージョンもある。

主人公の寺田辰弥は…
77年が萩原健一さん

07.31.05.jpg

前略おふくろ様のショーケンがそのまま八つ墓村にやってきたって感じ、金田一との接点も殆ど無かったのが残念。

78年は荻島真一さん

07.31.06.jpg

八つ墓村で、多治見家の人々に翻弄されるも我慢強いというイメージ。

91年は鶴見辰吾さん

07.31.07.jpg

何処か金田一に非協力的で、全体的に不運でひ弱なイメージ。

96年は高橋和也さん

07.31.08.jpg

金田一に協力的で、事件に対しても真面目で紳士的、理想的な寺田辰弥役。

森美也子役は…
77年が小川眞由美さん

07.31.09.jpg

最後、妖怪の様になって洞窟の中でショーケンを追いかけるシーンが印象的。

78年は鰐淵晴子さん

07.31.10.jpg

原作と違って犯人も複数で動機も別な為、歴代で最もマイルドな森美也子になっている。

91年は夏木マリさん

07.31.11.jpg

歴代の森美也子の中で最強の怖さ。

96年は浅野ゆう子さん

07.31.12.jpg

他では省略されている里村慎太郎が出てくるので、ソフトで別物感がある程イメージが違って横溝的では無い。

多治見久弥役は
77年が山崎努さん

07.31.13.jpg

病状的には歴代の多治見久弥の中で最悪。

07.31.30.jpg

要蔵役でもかなり不気味で怖い。


78年は中村敦夫さん

07.31.14.jpg

寺田辰弥に対しての優しさは歴代でトップ。

07.31.31.jpg

要蔵役では木枯らし紋次郎並の荒々しさで暴れまくる。


91年はジョニー大倉さん

07.31.15.jpg

キャロルのサイドギター並の切れ味は無いが、イイ感じを出している。

07.31.32.jpg

要蔵役での暴れっぷりも頑張っているが、左手にライフルを持っているが一発も撃たない。

96年は岸部一徳さん

07.31.16.jpg

岸部さんの大ファンなので、最高の寺田辰弥…「いい気味じゃ」と笑う所が最高!

07.31.33.jpg

要蔵役では頭の両側に挟んでいる懐中電灯が、他の作品の要蔵は全て先が直角に曲がった特殊な懐中電灯を使っていて、頭に差すと前方を照らすのに対し、岸部要蔵が使用した懐中電灯はノーマルなタイプなので頭に差すと前方を照らすのでは無く真上を照らしていたのが残念…でも不気味度数はかなり高く、赤ん坊を刺し殺すなど残忍さも高い。


警部はそれぞれ名前が違っていて
77年が磯川警部で花沢徳衛さん

07.31.17.jpg

78年は日和警部で長門勇さん

07.31.18.jpg

91年は等々力警部でハナ肇さん

07.31.19.jpg

96年は轟警部で、石坂金田一でお馴染みの加藤武さん

07.31.20.jpg

多治見春代役は

07.31.21.jpg

77年が山本陽子さん…何処か儚げで、最後まで本音が判らない独特の謎な雰囲気を出していた。

78年は松尾嘉代さん

07.31.22.jpg

ミスキャストか?と思ったが、全体的にか弱そうな雰囲気を出していた。

91年は浅田美代子さん

07.31.23.jpg

重要な多治見家の過去を紹介するので歴代の春代の中で、最も台詞が多い。

96年は萬田久子さん

07.31.24.jpg

最も生命力があって逞しい多治見春代だったと思う。

多治見小竹・小梅役は
77年が市原悦子・山口仁奈子さん

07.31.25.jpg

市原悦子さんがギョッとする程不気味、いつまでも惚けずに小うるさい老婆を見事に怪演、この映画全体を重苦しくしている。

78年は毛利菊枝・新海なつさん

07.31.26.jpg

91年は北城真記子・ 高橋芙美子さん

07.31.27.jpg

96年は岸田今日子さんが合成映像での一人二役

07.31.28.jpg

「悪霊島」の岸本加世子を連想させる、良くできた合成画像でメチャ不気味。

という事で、既に亡くなられておられる方も多いが、歴代の作品から時空を越えてベストキャストを選んでみたい。

まず金田一耕助は古谷一行さん。
寺田辰弥役は萩原健一さん。
森美也子役は浅野ゆう子さん。
多治見久弥役は岸部一徳さん。
警部は加藤武さん。
多治見春代役は山本陽子さん。
多治見小竹・小梅役は市原悦子さんと岸田今日子さん。

あと、井川丑松役は加藤嘉さん、井川鶴子役は中野良子さん、尼子義孝役は夏八木勲さんで落ち武者役に田中邦衛さんを入れて欲しい。
それと濃茶の尼役は白石加代子さん、諏訪弁護士役は大滝秀治さんでないとダメ。

この俳優陣での八つ墓村を観てみたいのだ。