So-net無料ブログ作成

広島 - 阪神 17.08/01~03 [阪神タイガース]

1勝1敗1分[野球]

1勝1敗で迎えた3戦目、序盤からリードを築き完全な勝ち試合だったが9回に追いつかれて引き分け。

阪神の自力優勝は消滅、いよいよ広島に優勝マジックの点灯まで秒読みとなった。

ただ実力では阪神は勝ち越せた内容だったと思うので、考えさせられる3連戦だった。


今年、王者広島に対し立ち会いで頭からドーンと突っ込んで両まわし取ってガップリで戦っているのは阪神だけ。

初戦も最後の上本の守備妨害も納得いかなかった。

08.03.02.jpg



2試合目などは最後まで諦めずに試合を投げなかった闘志が奇跡の逆転を生んだ。

暑い広島で選手達は頑張ったと思う。



今回も試合中継をガッチリ観察してみたが、広島は不思議なチームだ。

両チームの選手の実力の差は、今回の3連戦を「五分」で終わった様に、意外に思うかもしれないが俺の目には戦力に大きな差は無い様に見えた…菊池も人間でスランプもある様だ。

試合中継で解説の笘篠がワアワア騒ぐので広島が凄いように感じるが、笘篠ごときがほざく程の差ではない。

ただ選手達のポテンシャル以外では、越えられない「大きな差」が存在したと思う…監督の采配だ。

3戦目を見ていて、金本監督の目先数センチしか見えていない采配には、蒸し暑い中で頑張っている阪神の選手達が心の底から気の毒になった…実況板に書き込んでいる素人のネット民の方が全然マトモだった。

阪神側は早々に勝ちを確信してロジャーズを下げ、同点に追いつかれてからはどうしようもない状況を自分から進んで作ってしまった…無能首脳陣の浅はかな油断采配で完全な勝ち試合をドブに捨てた。

内容は「屈辱のドロー」「悪夢のドロー」なのに、金本監督はマツダで五分「よくやったな」と全然判ってない…普通にやっていれば2勝1敗で勝ち越しだった。

別に結果論で言ってるのでは無い…これで何度目だ?って話!

捕手の起用にしてもなぜこの状況で坂本を使うのが判らない…それ程梅野の状態が悪いのか?

活躍した選手が翌日は理不尽にベンチに下げられたり、この時期になっても打線どころか守備位置さえ春先のキャンプの様にコロコロ日替わりのドタバタ野球なのに対して、広島はセ・リーグを代表する阪神抑えの切り札ドリスを相手に3点を追う大ピンチの状況でも、緒方監督が次々と繰り出す采配が魔法の様に100パーセント的中の連続だった!

08.03.03.jpg




おい金本!矢野!

阪神ベンチで偉そうにふんぞり返ってないで、広島ベンチの前で正座して見て学べ!

新井とエルドレットがヒットで出ると、即エルドレッドに代走上本を送り、送り出した代打松山と西川が見事にタイムリーを放ち、ドリスを撃沈させて負け試合を勝ちに等しい引き分けに持ち込んだ。

…緒方の百分の一でも金本に野球脳があれば…何度も繰り返すが「超変革」は金本・矢野に対する言葉。

しかし、裏切り者の新井は阪神戦ではよく打つのが不思議。

こいつのせいで赤松を取られて、引っ張れるだけ足を引っ張っていたくせに…俺は未だに新井と聞けば2ゴロゲッツーしか思い浮かばない。

新井なんて内角高めのブラッシュボールで仰け反らせれば、後はビビって外角のワンバウンドでも空振りしてくれるのに、阪神バッテリーは何故か外角一辺倒で逃げまくりのお嬢様野球だから狙い打ちされている。


また広島は「サイン盗み」も徹底されていて、チャンスでも不自然にランナーがセカンドを動かない…無理な盗塁をしてでもセカンドを狙うのに、サードに悠々と進めるケースでは何故かセカンドに留まる。

明らかに不自然なのに、何故かテレビ中継では実況も解説も触れない…ネットの実況板では何処も大騒ぎになっている。

セカンドランナーがサインを盗んでいて、阪神バッテリーもそれが判っているから投手がボールを投げる瞬間までキャッチャーミットを動かし続けているが、ミットが動くので投手が投げ辛い。


そして少しでもチャンスになると球場全体がまるで1つの生き物の様に暴れだす…カープの選手の一挙手一投足に歓声が上がるのは、まるでタイのボクシングを見るようで…その音圧レベルは世界でも最大級の騒音だと思う。

タイのボクシングも自国選手のパンチが出る度に、観客がそれに合わせて声を出し、選手はその歓声に乗ってリズムに乗る…野外での試合が多いので何万人という観客が声を揃えると凄い破壊力になる。

声を合わせる応援では甲子園も相変わらず凄いが、広島の応援の方が凄くなったのはマツダスタジアムの特異な構造にある。

上空からの写真を見ると良く判るが、甲子園球場がライトスタンドの阪神応援団と、レフトスタンドに陣取るアウェイチームの応援団が平等に座れるレイアウトだが、マツダスタジアムはレフトスタンドが無くアウェイチームの応援団はレフトの上に儲けられた棚みたいな一角に追いやられる。

08.03.04.jpg





相手の応援団をレフトスタンドから排除する構造の球場で全方位から真っ赤なカープファンが声を上げるので、何処にもない凄い応援になる。

また、テレビの中継で広島ファンのオッサンがヘイトなヤジを飛ばしているのがガンガン聞えるのも広島だけ。

「神采配」「サイン盗み」「好調の選手にはデッドボールで潰しにかかる殺人野球」「カープファンの為だけの特殊球場」「汚いヘイトヤジ」等々、広島は球団とファンが一体となって勝利のためにやるべき事を全てやっている。

ケチを付けるとすればスラィリーって一体何やねん?カープ坊やとちゃうんか!…位しか思い浮かばない。

08.02.02.jpg
スラィリーって広島とどういう関係なんや?


08.03.01.jpg
広島いうたらカープ坊やとちゃうんかい!




甲子園ですら半分が真っ赤になるなど、ファンが一体となって懸命に選手を応援している…この広島の快進撃は何年も続くと思った。

とにかく阪神球団は優勝したければフロントもベンチも広島カープを見習うべき!


今回の広島も「酷い目にあった」としか記憶に残らなかったが、明日から阪神はエアコンの効いた京セラで、癒し系真中率いるヤクルトとホッと一息付ける休憩タイム。

僅かでも優勝の可能性があるうちは狙うべきだったが、もうそれも無くなった。

今こそ若手を積極的に起用して育てるのだ。
RSS RSS1.0 | RSS2.0