So-net無料ブログ作成
検索選択

広島 - 阪神 17.06/23~25 [阪神タイガース]

2敗[野球]

交流戦が終わり、セ・リーグの戦いが再開した。

本来なら顔も知らない選手との戦いが続く交流戦を終えて待ちに待った気分なんだけど、マツダスタジアムでのカープ戦だったので雨天中止に期待していた。

何処と戦っても負けない広島との差を縮めるには直接対決しか無いんだけど、実際の戦いを見て数字以上に実力の差は大きいと驚いた。

ベンチはメッセンジャーと能見を先発させ、投げるべき投手を間違いなく起用したが、情け容赦なしに赤ヘル軍団に打ち込まれた。

06.25.02.jpg





虎打線も広島の投手の前では情けなく沈黙…赤子の手を捻る様に、一方的なレイプで終わった。

06.25.01.jpg





これはもう誰がエラーしたとか、ベンチの作戦などの細かい事では無く、完全な力負けだという事をまざまざとみせつけられた。

この辺りが現在の阪神の本当の姿なんだと思うし、ベンチはこの現実を素直に受け止めて対策を練れば良いと思う。

俺なら、カープとの残り試合は全て裏ローテか若手投手を試す試合に充てて、福留や糸井を休ませ、広島以外のチームとの対戦に全力を出す。

特に赤一色に染まるマツダスタジアムでは消化試合で良いと思う。

一番怖いのは、対広島に全力を出し切って「負けて」、その後のほぼ死亡状態のヤクルトなんかに疲れが出て負ける事だと思う。

今回の広島戦は、晴れていれば間違いなく3タコだったが、雨のおかげで3連敗せずに済んだのは、まだまだ金本監督にも運があると思う。

いずれにせよ、ここから先は普通に戦っていたのでは勝てないのだ。
RSS RSS1.0 | RSS2.0