So-net無料ブログ作成

阪神 - 楽天 17.06/16~18 [阪神タイガース]

1勝2敗[野球]

セ・パ交流戦、最後は聖地甲子園で楽天との対戦となった。

初戦の試合前、「やっぱり、ここは最高やね」と、楽天の星野仙一球団副会長が登場!

星野さんが現れればビシ~ッと緊張感が出て、パーッと明るくなって、ガーっと異常にやる気が出る…何なんだろうね、この熱気は。

ここまでのカリスマは、今の時代にはもう現れない気がする。

グラウンドでは阪神・四藤球団社長、高代ヘッド、矢野コーチ、高山、糸原らの明大後輩勢が挨拶。

06.18.02.jpg





福留も挨拶に。

06.18.03.jpg





相手が星野さんとなれば、うちの金本監督も帽子をとって直立不動だから。

06.18.01.jpg






星野御大は「今年のタイガースの選手はウチの選手もそうやけども、目の色が違う」と日本シリーズでの対決を心待ちにしているそうだ。

「とにかく8月末まで、けが人が出ないように、それだけは注意してほしい」と祈るような口調で語り、12年ぶりのリーグ優勝へのポイントはプロセスだと教えを説いたそうだ。

「結果オーライはアカン。9月以降はそれでもエエけど、今は過程を大事にしてほしい」と、投手は先頭打者への四球は厳禁、打者は犠打の精度を上げるなど、基本プレーの徹底を訴えて下さった。

って事はノーコンの藤浪はアウトって事になるが、幸いなことに誰も藤浪の名前を口にしない。

御大は最後に「あとはOB連中が黙っていること。それに尽きる」と星野節を炸裂!有り難う星野さん!

御大はファンが言いたいことを全部言ってくれた…、俺は星野さんの大ファンなので、出来ればもう一度タイガースを率いて欲しい!

とにかく星野さんが元気で良かったのだ!
RSS RSS1.0 | RSS2.0