So-net無料ブログ作成

ヤクルト - 阪神 17.05/02~04 [阪神タイガース]

2勝1敗[野球]

キャンプから守備軽視でやってきた金本効果が開幕から現れている。

今年の阪神の守備の酷さは記録的で、先発の足を野手が全力で引っ張っている。

初戦はヤクルトの勝利と言うより、阪神の自滅…先発秋山の力投が虚しかった。

05.04.06.jpg



2戦目は、結果知って言えば、この試合が重要だったと思う。

試合内容は、お互いが全力で勝ちを譲り合う完全な「馬鹿試合」だった。

点差以上に拮抗したゲームで、阪神とヤクルトとの差は「福留がいるか・いないか」だけで、他は同じだった。

05.04.04.jpg



疲れが見える梅野を休ませ、岡崎がマスクをかぶったが酷い内容で、江越のバントスクイズの連続失敗後の三振も2軍行きの香りが漂っていた。

ただ、去年はこの手の馬鹿試合を悉く落としていたが、今年は馬鹿は馬鹿なりに勝っているのは大きい。

05.04.02.jpg



ストレス満載の試合に負けた真中監督は、試合終了と同時に真っ先にベンチから飛び出して外野の通路に消えた…この負けは普通の1敗の倍効く。

05.04.01.jpg




そして3戦目は、絶不調だった梅野が戻って大活躍の嬉しい勝利…阪神の正捕手を印象づけた。

05.04.07.jpg



盗塁阻止率セ・リーグトップ、ノーコンの藤浪を懸命にリードしたのも良かった。

福留キャプテンがチームを引っ張っている!

05.04.05.jpg



鳥谷も凄かった!

05.04.08.jpg


今回のヤクルト戦は勝ち越した事も重要だけど、GW連戦の中で梅野を休ませる事が出来たのが収穫だと思う。

05.04.03.jpg



さて、いよいよ聖地甲子園に戻ってカープとの首位攻防戦。

聖地甲子園に詰めかける子供達のために勝って欲しいのだ。
RSS RSS1.0 | RSS2.0